2021年 11月 26日
久しぶりの東京
久しぶりの東京_b0116656_17194638.jpeg
Photo:JR高円寺駅上の、JR東日本ホテルメッツ高円寺

久しぶりの、本当に久しぶりの東京出張。今回は初日に高円寺、翌日に大崎で用事があったんで、高円寺駅上のJR東日本ホテルメッツ高円寺泊。

初めて高円寺って街に宿泊して、晩飯食ったんだけれど、なかなかディープな雰囲気、混沌とした空気感が漂ってて、一発でお気に入りに。少し街の奥に入ってみると、大阪でいう十三みたいな感じで、ホーム感満タン!高円寺には今後も頻繁に来ることになりそうなんで、これからがとっても愉しみだ。


# by nishan-cordy | 2021-11-26 22:08 | 日々雑感 | Comments(0)
2021年 11月 25日
持つべきものは友
持つべきものは友 _b0116656_17320888.png

仕事関係のHPを、ワードプレスで作っている。いや、正確に言うと『限りなく作ってもらっている』。

知人のその筋のプロに、ワードプレスについて色々とサポートをしてもらって、なんとかHPを維持管理している。バージョンアップしてから、ちょっと問題が発生したのでなんとかしなければと、知人にHELPを!(笑)

久しぶりに東京に行って、知人に会って、HPの不具合を修正してもらって、積もる話をして、そのギャラが昼飯。今回はちょっとバタバタしていて手土産も持たずに、知人を訪ねてしまった。作業内容からしても、ギャラが昼飯ってのは安すぎる。次回会うまで貸しといてくれと頼んで、帰阪。次会う時は、最高のおもてなしをするからな。楽しみに、待っててくれよ。


# by nishan-cordy | 2021-11-25 22:29 | 日々雑感 | Comments(0)
2021年 11月 24日
一粒で、二度美味しい
一粒で、二度美味しい_b0116656_17463698.jpg

随分ぶりに、東京へ出張の予定が。今回は帰りの時間が読めないので、新幹線で上京し帰阪することに。車中の時間潰しに、以前読んだ本をお供に。

以前はどれだけたくさんの本を読んだかってことに価値を置いた読書だったんだけれど、最近は少し変わってきた。多くの本を読むことも大切だとは思うけれど、深く掘り進むことも一興だなって。だから、以前読んだ本を読み返すことが多くなってきた。同じ本でも、その時々で全く印象が違ってくるし、得るものも違う。本って、読書って、奥が深い。



# by nishan-cordy | 2021-11-24 22:43 | | Comments(0)
2021年 11月 23日
冬支度
冬支度_b0116656_18144344.jpeg

フォレスタースポーツに、そろそろ冬支度を。11月に入った頃、担当セールス君から連絡が。冬タイヤの案内を、お願いしていたのである。11月なら、定価の5%引きで購入できると。暫くバタバタしていて忘れてたんだけれど、数日前にホイールとタイヤを選んで連絡した。ところが、ぼくが選んだセットが品薄になって来たとのこと。
『SUBARU純正のホイールに、拘られますか?』

申し訳ないんだけれど、全く拘りません!(笑)因みに純正のホイールには、センターキャップにスバルのロゴが入っているらしい。申し訳ないんだけれど、ロゴなくても問題ありません!(爆)すると市販のホイールとタイヤのセットをいくつか案内してくれて、ヴェルヴァ スポルト2ディープメタル + ブリヂストン ブリザックDM-V3(225/55 R18)に決定。

12月上旬に入荷予定だそうで、アウトバックの時もお世話になったタイヤの保管と交換作業を有料でやってもらえるサービスもお願いした。雪景色を観に行く日が、待ち遠しいぞ。


# by nishan-cordy | 2021-11-23 21:14 | | Comments(0)
2021年 11月 22日
魅惑の超広角
魅惑の超広角_b0116656_05583803.jpg

昨日の建仁寺へは、OLYMPUS OM-D E-M1 MarkⅡ + M.ZUIKO DIGITAL ED 8-25mm F4.0 PROを持って出かけた。8mm(換算16mm)の画角がどんなものなのか、実体験しようって訳である。その実験には、お寺がもってこいなんじゃないかなって思ったのだ。

M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PROも持っていって比較すれば、より実験としては結果が明確になるんだろうけれど、そこまでの装備をする勇気もなく(現地でレンズを付け替えるって作業は、腕のある人にのみ許されている行為の様に思えて、どうも気後してしまって・・・笑)8mm(換算16mm)の世界に足を踏み入れることにした。

一日使ってみた感想は、ぼくレベルでも明らかに幅が広がったというか、こんな風に撮りたいなってことに応えてくれたレンズだった。現場での感動を出来るだけ画像に納めたいと言うぼくの思いを、ある程度満たすことが出来た。超広角が威力を発揮する場所であったと言うこともあるんだろうけれど、それぞれの場面に応じて最適なレンズで臨むと言う、レンズ交換式カメラの楽しみが少し理解できた様な気がする。いやー、カメラって愉しいね!


魅惑の超広角_b0116656_05584133.jpg



# by nishan-cordy | 2021-11-22 22:58 | カメラ | Comments(0)