2020年 07月 24日
黄金の60代、読了
黄金の60代、読了_b0116656_10311719.jpeg

ぼくが本を選ぶ基準は、とても曖昧で、いい加減で、決まったルールなど全くない。衝動買いってことも、少なくない。いや、ほとんどそうかも・・・(笑)。この本もそんな一冊。

ある朝、新聞をパラパラとめくると、この本の広告が。そこに、著者である郷ひろみの裸の写真が、掲載されていた。この本は月刊ゲーテに連載されていた『黄金の60代』(2015年6月号〜2020年5月号)を、加筆修正したもの。2015年だと60歳、2020年に撮られたのなら65歳。60歳の時に撮られたとしても、信じられないくらいに鍛え上げられた見事なボディー。ましてや、65歳の写真だとしたらとても信じられない。急に興味が湧いて、本を読んでみた。

ぼくらの世代のとって郷ひろみって人は、同年代の女の子を夢中にさせたとんでもない奴だ(笑)。Mamaも、最初に買ったレコードは郷ひろみだったと言っていた。なんだかちゃらそうな、変わった声した奴って印象しかなかった。

どんな世界でもそうだろうけれど、長年にわたって第一線で活躍し続けるってことは並大抵のことじゃない。芸能界で常に第一線で活躍し続け、ファンを魅了し続けている郷ひろみって人も例外ではない。それが、判った。しっかりとした芯が、一本通っている。ストイックって言葉なんかじゃ表わせない。すざましいまでの、努力を重ねて今がある。
郷ひろみにしろ、矢沢永吉にしろ、凄い人生の先輩たちがいてくれるお陰で、よし俺もって頑張れる気がする。取り敢えずは、ぼくもボディーを作ることから始めよう。これには、才能もクソもない。誰だって、その気になれば出来ること。三日坊主、返上だ!




by nishan-cordy | 2020-07-24 22:29 | | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< ありがたいアドバイス      CLUB BOSTON、GET! >>