2019年 01月 26日
スローライフ
スローライフ(Slow Life)とは、生活様式に関する思想の一つである。ファストフードに対して唱えられたスローフードから派生した考え方で、大量生産・高速型のライフスタイルに対して、ゆっくりした暮らしを提案するもの。Slow livingに相当する和製英語である。
明確な定義はないが、地産地消や歩行型社会を目指す生活様式などを指すことが多い。日本の高度成長期以前の生活はスローライフであったとも言える。(Wikipediaより)

今日、スイムに行ってきた。いつものようにアップ50m、50m×10本(2分インター)、ダウン50m、というメニュー。15本行こうかとも思ったんだけれど、まあゆっくりやってけばいいかと今日は10本でやめた。さほど、体に疲れは感じなかった。帰宅したのが14時半頃。少々お腹が空いたので、ラーメンとライスをかきこんだ。お腹が膨れると、次にやって来るのは睡魔。こいつには争っても勝ち目はないので、布団に潜って夕飯までしばしのNAP。のつもりが目覚めたのは、日付を随分と超えてから。さほど疲れていないと思っていても、疲れてたんだろうか?その疲れを取るために、若い時よりも格段に時間がかかるようになっているようだ。そうなっているのなら、それに従うより他ない。時間が、ゆっくりと流れていく感覚だ。同じ時間でも、その間にできることが、以前に比べると随分少なくなってきた。ぼくにとっての、リアルなスローライフ。でも、ゆっくり行くのも悪くない。


by nishan-cordy | 2019-01-26 22:55 | 日々雑感 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード


<< 土間と薪ストーブと襖      プチ・バードウォッチング >>