2013年 03月 08日
血液検査
e0285542_564430.jpg

来週の金曜日、MRIの検査が控えている。その時に、血液検査の結果を持参するようにと医師に言われていたので、いつものお世話になっている街の病院に行って結果が記された表をもらって来た。病院へ行った一番の目的は、コレステロールを抑える薬をもらいに行くこと。ここのお医者さんとても厳しくて、ちゃんと薬を飲まないとこっぴどく叱られる。患者のカラダを思ってのことなんだろうけど、えらい剣幕で叱られる。ぼくも何度もお叱りを受けた。(笑) それからはまじめに薬と向き合っていて、なくなるとすぐに病院に行っている。


血液検査の結果はと言うと、LDLコレステロールは基準値内でほぼ横ばい。劇的に数値が変わったのが、中性脂肪。少し気になると指摘されたのは、CPKの値がかなり増えていること。45〜190が標準とされる値が、以前の236から444にジャンプアップ! このCPKってなにを表すのかと言うと、筋肉のダメージや疲労に関するものらしい。この数値が高いと、気をつけなければいけないのが心筋梗塞。なにか胸に違和感や変な動悸などはないかと聞かれたけれど、そんな症状はないと答えた。採血したのが2月4日で、丁度1月の初めから2月24日の東京マラソンに向けて、jogの距離を伸ばし頻度も増やしていった時期に合致するのでそれで筋肉のダメージや疲労があったのかもしれない。中性脂肪が減ったのも、そのせいなのかな・・・? であるなら、せめてjogは続けた方が良いのかもね。

by nishan-cordy | 2013-03-08 22:04 | 健康 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード


<< 海賊とよばれた男      AMも、なかなかのもんだ >>