2010年 06月 16日
坂の上の雲一巻 読了
坂の上の雲一巻 読了_b0116656_18321149.jpg
ぼくの複数の友人から、たまたま同じ時期に読んでみたらどうかと薦められ、現在ぼくは司馬遼太郎ワールドをさまよっている。
多くの人の薦めに従って、まずはじめに 『竜馬がゆく』 を。
そして 『翔ぶが如く』 を何とか読了し、現在 『坂の上の雲』 を読み進めている。

爽やかだけれど時折激しい風が吹く晴れた午前のような、 『竜馬がゆく』 
どんよりと重苦しい雲が低く垂れ込めた夕暮れ時のような、 『翔ぶが如く』
そしてまだ1巻しか読了していないけれど爽やかな初夏の晴れ渡った午後の空のような、 『坂の上の雲』 司馬遼太郎の3作品に触れての、ぼくの感想である。
特にぼくにとって、『翔ぶが如く』 が難解で中々読み進めることが出来なかっけれど、今読んでいる 『坂の上の雲』 は、気持ちよく読み進めることが出来る。
50歳を目前にして、読書の楽しみというものが少しわかってきたように思える、今日この頃である。

by nishan-cordy | 2010-06-16 18:33 | | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード


<< 泥棒、来襲。      定期健診 >>