2022年 01月 23日
2回り目、スタート
2回り目、スタート_b0116656_15164665.jpg

GS & GDの、お食い初め。長男坊宅に、ぼくたち家族とお嫁さんのお父さんお母さんが集ってお祝いを。しきたりとかよく判らないけれど、形じゃなく気持ちで、心でこの子達の将来が幸多からんことを祈った。鯛と赤飯に箸をつけて、GS & SDの口にそっと運ぶ。集ったみんなの顔が綻ぶ。幸せなひと時だった。

みんなで食事をした後、ケーキが運ばれてきた。たまたま今日がぼくの誕生日で、明日がお嫁さんのお母さんの誕生日。ローソクの火を吹き消して、デザートタイム。長男坊夫婦が、ぼくにプレゼントを用意してくれてた。”60th”とぼくの名前が入った赤いバスタオルと、ちょっとしたメッセージとぼくの名前、そして日付と息子夫婦の名前が入った信楽焼の便利カップ。焼酎の水割りやお湯割りに、適したように作られたものらしい。家飲みを、止められそうにない(笑)。その分、スイムで体を動かせばいいか・・・。もちろん、プールから上がって体を拭くのは、真っ赤なネーム入りのバスタオル。


# by nishan-cordy | 2022-01-23 16:01 | 日々雑感 | Comments(0)
2022年 01月 22日
早よ、帰ってこいよ!
早よ、帰ってこいよ!_b0116656_15481060.jpg



仕事場から、新型コロナウイルス陽性者が出た。昨日から熱が出て、晩にPSR検査を受けて、その結果が出たらしい。10日間は仕事には行かず、自宅で療養するようにと保健所に言われたそうだ。今は、38度少しの熱がある以外は、症状は出ていないとのこと。
週明けには、仕事関係の組合に報告し、保健所の指導もあるだろう。濃厚接触者が社内にいるのかどうかに関わらず、働くみんなとその家族、そしてお客さんや協力会社さんが安心して過ごせるようにするため、会社のみんなに念のためPCR検査を受けてもらおうと思う。

起きてしまったことは、しょうがない。その後、どう対応するかだ。できる限りのことを、しっかりやっていこうと思う。なにより陽性の判定が出た仲間の、1日も早い回復を心から祈る。


# by nishan-cordy | 2022-01-22 21:39 | 健康 | Comments(0)
2022年 01月 21日
Outdated putter
Outdated putter_b0116656_18125358.jpg

先日、トレーナーさんと話をしていて、スイングからショートアプローチ、そしてパットの話に。パターについて聞いてみると、自分が気持ちよく打てるのがいいパターだと。なんとなく、判る気がした。で、思い出したのが、古い2本のパター。

アクシネットとミズノ。ラウンドではほんの数回しか使ったことがないんだけれど、なんかこうしっくりとくるっていうか、距離感が合うっていうか、そう気持ちよく打てるんですよね。
2月にはFunGolfのメンバーと今年初ラウンドが予定されていので、アクシネットで挑んでみようと思う。なんだか、愉しみだ。


# by nishan-cordy | 2022-01-21 22:40 | Golf | Comments(0)
2022年 01月 20日
どこへ行った?
どこへ行った?_b0116656_03175016.jpg

ちょっとしたお仕事で、昨日から東京へ来ている。今回の上京は泊まりなので、航空券と宿泊のパックを利用。

帰りの羽田空港でのこと、いつもの定番お土産『東京ばな奈 見いつけたっ』を買おうと心に決めていた。保安検査場までに、販売している店が数店舗あったんだだけれど、荷物になるので検査場を通過してからにしようと。で、無事検査場を通過して、搭乗ゲート内へ。

以前買ったことのある店に向かうと・・・、ない。あれっ、どうしたんだろう。仕方ないので他の店に向かう。でも、ない・・・。数店舗回ったんだけれど、どこにも置いてない。どこへ行った、東京ばな奈。ということで、今回のお土産はなしということに。搭乗ゲートの外の方がより多くの人にアプローチできるので、そっちに集中したんだろうか?


# by nishan-cordy | 2022-01-20 22:17 | 日々雑感 | Comments(0)
2022年 01月 19日
舐めたらあかん!臆病くらいでちょうど良い。
舐めたらあかん!臆病くらいでちょうど良い。_b0116656_15451728.jpg
Photo:神鍋でスノーシュー 2017

先日取引先の若社長からお誘いを受けた雪山トレッキング、彼から貸してもらった本で予習をしてみた。どうやらぼくは、簡単に考え過ぎてたようだ。

若社長にどんな装備が必要かラインで尋ねたところ、雪山用ハードシェル上下、雪山用ベースウェア上下、雪山用ミドルウェア、冬靴、トレイルストック、冬用靴下、アイゼン、バラクラバ、ゴーグル、雪山用手袋を揃えてくださいと回答が。これからも雪山トレッキングを続けるかも判らないのに、いきなりこれだけの装備を揃えるのは少々腰が引ける。レンタルはないのかと尋ねると、何軒か教えてくれた。それでも、全てを借りるとなると結構なお値段に。

装備や費用以前に、雪山トレッキングとはいえ、雪山登山であることをぼくは認識していなかった。借りた本を読むと、初心者コースでも、体力、知識、技術がある程度レベルで要求される。若社長が同行してくれるので、知識の部分は彼がサポートしてくれるとは思うけれど、体力、技術は如何ともし難い。若社長からも、ジョギングして体力をつけておいて下さいとラインに。雪山の綺麗な写真を見せてもらって、こんな景色をぼくも見てみたと思ったのが、ことの始まり。雪山の山頂からの景色には劣るかも知れないけれど、スノーシューで行けるところからの景色や、スキーのゲレンデから見る景色も悪くないんじゃないかなって思えてきた。まずは、スノシューやスキーで景色を堪能して、それでもやっぱり物足りないと感じてから雪山トレッキングにチャレンジしても良いのかなと。

チキンと思われようが、自然を甘く見るととんでもないしっぺ返しにあうことを考えると、この判断は正しいんじゃないかな。ぼくはぼくなりに、自分の身の丈にあったところで、自分の力に見合った方法で、自然を愉しませてもらおうと思う。


舐めたらあかん!臆病くらいでちょうど良い。_b0116656_15452027.jpg
Photo:めいほうでスキー 2008




# by nishan-cordy | 2022-01-19 16:36 | 日々雑感 | Comments(0)