2024年 06月 19日
ギア、上げるぞ!
ギア、上げるぞ!_b0116656_16115829.jpg

年に1度の、人間ドッグの日。
4月上旬のタイで熱中症になって、5月中旬に無理な筋トレで右膝裏に水が溜まって右膝の内側に関節痛が襲って、ってことで10,000歩/日のノルマ達成どころかケガの回復を優先してほとんど歩けていない。食事にはある程度気をつけているので、前回よりは悪くはならないだろうと。うまくいけば、6.5くらいまでに落ち着いているかも知れない。この所の懸案事項である、血糖値HbA1cの数値の話である。

結果、前回よりも悪くなっている!これには、少なからずショック。
まあ数字は嘘はつかないし、これが今のぼくなので受け入れるしかない。さて、これからどうするか?以前のように、自転車通勤を再開するか?それより夕方のウォークや軽いジョグの方が、今のぼくにはテンションが上がるしな・・・。筋トレ、ゴル練、スイムのルーティーンを、しっかり回していくことにしよう。食事もMamaに協力してもらって、少しだけ0.5段階ほどギアを上げてみることにしよう。

家飲みはあまりしないようにしてるんだけれど、その分外飲みの時に量が増えていた。気になる肝臓に関しては、全く問題なし!だけど、アルコールもほどほどにして、筋肉量を増やすように努めることにしよう。血液検査の結果を見ると、空腹時血糖値とHbA1cの2項目だけが正常値から外れていた。よし、ピンポイントで対策だ。3ヶ月後に、いつものクリニックで血液検査の予定。その時までに、どこまで数値を下げられるか、本気の自分を見せてやる!


AST(GOT):27(前回比 -8.0)
HbA1c:7.0(前回比 +0.1)


# by nishan-cordy | 2024-06-19 16:57 | 健康 | Comments(0)
2024年 06月 18日
お勤め、終了!
お勤め、終了!_b0116656_02575726.jpg

大阪国際大学で、ゲストスピーカーとして90分の授業を務めさせて頂いた。3年連続3回目の、お勤めである。数週間前からPPTと格闘し、ブラッシュアップし、講義のシミュレーションをして準備万端今日の日を迎えた。流石に友人が教鞭を取っている講義なので、いい加減なことは出来ない。自分で言うのもなんだけれど、年々内容が良くなっている。初年度の生徒さんには、申し訳ない気持ちである。結構準備だなんだで負荷がかかるんだけれど、ぼくがゲストスピーカーを引き受けるのには理由がある。それは、授業後のランチ。

友人がご馳走してくれるんだけれど、ここの学食がめっちゃ美味しい!学食ってより、カフェテリアって方がピッタリくるオシャレな空間で、本格的な石窯で焼くピッツアは最高!来年も依頼されたら、喜んでお受けします(笑)。ランチだけにお邪魔するのも、ありだな。


# by nishan-cordy | 2024-06-18 22:35 | 日々雑感 | Comments(0)
2024年 06月 17日
ノーベル賞よりも尊いもの
ノーベル賞よりも尊いもの_b0116656_17553115.jpg

【エージシュート】
エージシュート(Age-Shooting、またはエイジシュート)は、ゴルフの1ラウンド(18ホール)ストロークプレイを、自身の年齢以下の打数でホールアウトすること。(Wikipediaより)


今日の朝刊、『私の履歴書』というコラムにゴルフに関する話題が。今このコラムを担当しているのは、本庶佑氏。京都大学がん免疫総合センター長で、2018年にノーベル生理学・医学賞を授与されている。コラムから抜粋すると、氏はノーベル賞の受賞が決まった当日の記者会見で、『次にどんな望みがありますか』との記者の質問に、間髪入れずこう答えたそうだ。
『夢はエージシュートです』

氏のホームコースは、京都ゴルフ倶楽部 上鴨コース。偶然にも、念願叶って今月末にラウンドするコースだ。鞍馬の温泉に行く時に、こんなところにゴルフ場があるんだとちらっと見た記憶がある。長男坊・次男坊の母校のすぐ隣だ。氏は2021年に50年来の夢を叶え、ホームコースでエージシュートを達成された。コラムの最後に記された言葉が胸を打つ。

”ノーベル賞は天から降ってくるが、エージシュートは自ら手繰り寄せるものだ。”

どんなに身体能力に優れた若いゴルファーでも、エージシュートはそれなりの年齢にならなければ達成することはできない。ますます、歳を重ねるのが愉しくなってきた。ぼくも、エージシュート目指してみようかな・・・。ゴルフが、ますます面白く、愉しくなりそうだ。


# by nishan-cordy | 2024-06-17 17:57 | Golf | Comments(0)
2024年 06月 16日
準備万端
準備万端_b0116656_17024117.jpg

本格的な夏を迎え撃つために、強力な助っ人を調達。
メッシュ調なので、これなら涼しそうだ。
性格が地味なので、グレーの落ち着いた感じが心地いい。
氷嚢、水筒、日焼け止め、タオル、塩飴、etc・・・。
夏の暑さも、存分に愉しむぞ!
かかってこい、夏!


# by nishan-cordy | 2024-06-16 17:08 | Golf | Comments(0)
2024年 06月 15日
遠い日の記憶


昨日のゴルフ、ゴルフ場に向かう車の中でiPhoneに入れてあるユーミンを聴いた。いつもはAMラジオを聴くことが多いんだけど(注:学生の頃からAM派のぼくは、友達からダサいやつと笑われていた・・・笑)、昨日はなぜか気まぐれでユーミンのベストアルバムを聴いた。

聴いたことのある曲もあれば、馴染みのない曲もあって、こんなふうにランダムに聴くのもいいもんだ。何曲目かに、飛行機雲が流れてきた。この曲は何度も聴いたことがあるんだけれど、なぜだか初めて高校時代の友人を思い出した。

高校1年の時、クラスに心臓の悪い男子がいた。特別親しくいていたって訳じゃないけれど、よく話をした。体育の授業はドクターストップがかかっていて、一緒に受けたことはない。でも、話しているときにふと見せる笑顔が、とてもチャーミングだった。彼の手の指を見ると、心臓に問題があるんだとぼくでも判る、ドス黒い色をしていたのを強烈に覚えている。

夏休みに心臓の手術を受けると、ホームルームで先生から聞かされた。2学期になると、元気に登校してきた。手術は、成功した。3学期になって、暫くして彼は死んだ。手術は成功したんだけれど、その後の経過が良くなかったらしい。葬式にクラスメート全員で伺った少し田園風景の残る住宅地にある彼の家のこと、その時の風景がなぜだか鮮明に蘇ってきた。
これまで一度も思い出したことがなかったのに、なぜなんだろう。不思議だ。


# by nishan-cordy | 2024-06-15 21:29 | 音楽 | Comments(0)